女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.12.25   更新日:2016.05.31

育毛剤とは一体どういうものなのか?

マイナチュレ6

歳を重ねるにつれて抜け毛が増えたり、髪全体のボリュームが減ったように感じる女性の方は多いのではないでしょうか?しかし、「何か対策をしなければ!」と薬局に駆け込んでも、育毛剤・発毛剤・養毛剤と、選択肢が多すぎてどれを選べばいいのかわかりません。

今回は育毛剤を中心にそれぞれの特徴を解説していきます!

養毛剤

養毛剤は、抜け毛防止と毛髪保護を目的とした栄養剤のようなものです。養毛剤の分類は、「化粧品」となっています。

養毛剤の特徴

養毛剤は毛髪の保護や、軽い脱毛対策に役立ちます。化粧品として販売されているので、気軽に毛髪ケアを始められるのがメリットです。

ただ、先ほども言ったように、毛髪の保護を目的としているので、新たな髪の毛の発毛を促進するといった効果は期待できません。

発毛剤

発毛剤は、さまざまな発毛成分によって頭皮の中の毛母細胞を活性化させ、発毛を促進させる働きをします。薬事法によって「医薬品」と定められています。

発毛剤の特徴

発毛剤の特徴を簡単に言うと、今生えている髪の毛ではなく、次に生えてくる髪の毛の発育をサポートするということです。医薬品ということもあり、効果はかなり期待できます。大量の抜け毛にお悩みの方や、地肌が見えるようになってきた方にはオススメです。

しかし、個人で気軽に購入することは難しく、医師や薬剤師による処方が必要です。加えて、発毛剤の成分として有名なミノキシジルや生薬は副作用を引き起こすこともあるので、それまで以上に薄毛が進行したり、他の健康被害が起きる可能性もゼロではありません。

育毛剤

育毛剤は今生えている髪の毛の成長をサポートするものです。育毛剤は薬事法で「医薬部外品」に分類されています。

育毛剤の特徴

育毛剤は今生えている髪の毛のケア・サポートを行うので、特徴としては養毛剤と似ている部分がありますが、「医薬部外品」として薬効がきちんと認められています。

「髪の毛が細くなってコシがなくなった」、「髪全体のボリュームが少なくなってきた」、「抜け毛が増えてきた」というような自覚症状がある方には育毛剤がオススメです。育毛剤は頭皮の血行促進を助けて髪の毛に栄養補給を行うので、髪の太さとコシを取戻し、抜けにくい髪の毛にすることができます。継続利用が前提となるので、なるべく添加物の少ない育毛剤を使い続けるのがオススメです。

育毛剤をどのくらい使い続けると効果が出るのか?

体に負担をかけることが少ない育毛剤ですが、どの程度継続して使用すれば効果が期待できるのでしょうか?ご使用を検討している方には一番気になるポイントですよね。

育毛剤の使用目安は1年間

育毛剤に関しては1年間の継続使用が効果の表れる目安となります。発毛メカニズムには、休止期・成長期・退行期の3つの周期から成る「ヘアサイクル」があります。育毛剤はこのヘアサイクルが乱れている状態を正常に戻す役割を持っているので、長い目で効果を期待しましょう。

体質にもよるので個人差はありますが、すぐに育毛剤の効果が出ないからと言って焦らないで下さい。ヘアサイクルが正常な状態に戻れば、髪の変化に気づくはずです。コシのある太い髪になれば髪全体のボリュームも増えて、抜け毛も少なくなります。

女性には育毛剤がオススメ

今回お分かりいただけたように、養毛剤は効果が期待できるか曖昧な部分があり、発毛剤には副作用の恐れがあります。髪のツヤ・コシ・ボリュームにお悩みを抱えている女性には育毛剤をオススメします。

使い続けることで頭皮のヘアサイクルを正常に戻し、抜け毛・薄毛を予防しましょう。また、長く使い続けるからこそ、肌に優しい育毛剤を選んだ方が得策です。

マイナチュレでは、無添加で天然植物由来成分を配合した、頭皮に優しい女性育毛剤をご用意しています。

バナー