女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2015.11.11   更新日:2016.05.30

つややかで大人っぽい。ヘアカラーの流行は「ラベンダー」

ラベンダー

「ブラウン一辺倒のヘアカラーに飽きてしまった」「カラーリングするうちに傷みが目立ってきた」「もう少し大人っぽいカラーにしてみたい」と、ヘアカラーにお悩みの女性に朗報です。

さまざまな悩みを解消してくれて、おしゃれに対する意識の高い女性に流行中なのが、「ラベンダー」のヘアカラー。実際にどんな効果があるのか、探っていきましょう。

目次


つややかな仕上がりが高ポイント

明るいブラウンに染め続けているうちに、毛先の傷んでいる部分から色がさらに抜け、その部分だけ黄色っぽく見えてしまうことがあります。そうなると、毛先のパサつきや枝毛が目立ち、ヘアケアを手抜きしている印象にも見えてしまいます。

その点ラベンダーカラーなら、毛先のダメージを隠し、つややかで光沢のある髪色に仕上がります。ヘアケアに気を遣う時間の余裕がないママさんにも、ぜひ試していただきたいカラーです。

ロングヘアはもちろん、動きのあるショート、女性タレントがこぞって切りそろえている、流行の「重めボブスタイル」にもよく合います。

しっとり大人の女性らしい印象に

ラベンダー髪色

髪の色を明るくしすぎてしまうと、若作りしているように見えてしまう。けれど、真っ黒にしてしまうのも重たく見えてしまいそうで抵抗がある……という女性にぴったりのカラーがラベンダーなのです。

淡く落ち着きのあるラベンダーは、女性らしい柔らかな印象と、ミステリアスで上品な色気をプラスし、しっとりとした大人の女性のイメージに近付けてくれます。ネイビーやブラックのブラウス、カーキやグレーのジャケットなど、オンスタイルのファッションに合わせやすい、というメリットもあります。

周囲と差をつけたい、他人と違う個性をアピールしたい、という女性にもおすすめです。

ほかのヘアカラーとも相性抜群

髪色

ラベンダー単色だけでなく、ほかの色とのミックスで、人と違ったカラーリングのおしゃれを楽しむこともできます。ラベンダーだけでは重たい印象になってしまいそう……と心配な方は、ミックスカラーのひとつに取り入れてみましょう。

ラベンダーは、同系色のピンク、落ち着いた印象をプラスするアッシュ、さらにおなじみのブラウンカラーとも相性がいいのです。

また、ラベンダーならではの落ち着いた色調が、肌もつややかに美しく見せるという効果も期待できます。ただし、組み合わせるカラーによっては肌色をくすませてしまうケースも。ご自分の肌タイプに合わせて、おすすめのミックスカラーをチェックしてみましょう。

黄みのある「イエローベース」タイプ

黄みがかった肌で、シルバーよりゴールドが似合うイエローベースの方は、寒色系ヘアカラーでは肌の色ムラやくすみを目立たせてしまいます。アッシュ系のブラウンやベージュをベースに、ラベンダーを少しずつミックスしてください。

青みがかった「ブルーベース」タイプ

色白で透き通るような肌が印象的なブルーベースの方は、黄みの強いカラーを強調してしまうと肌がくすんで見えてしまいます。ラベンダーと組み合わせるなら、赤みのあるブラウン、ピンクとミックスしましょう。コクのあるチョコレートカラーとのミックスなら、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすく、おすすめです。

流行のヘアカラーで差をつけましょう

髪のダメージを目立たなくさせ、大人の女性を印象づけ、さらに肌に透明感もプラスしてくれるという、いいことづくめのヘアカラー「ラベンダー」。これから髪の色をどうしようかと悩んでいる方は、取り入れてみてくださいね。