女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.03.25   更新日:2016.05.30

医薬品と医薬部外品と化粧品

薬事法では、医薬品、医薬部外品、化粧品について、それぞれ定義して規定しています。

◎医薬品
病気の予防や治療に用いる薬。
名称、成分、分量、用法容量、効能効果、副作用について、 品質・有効性及び
安全性に関する調査を行い、厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものです。
医療用医薬品と一般用医薬品があります。

◎医薬部外品
概念的には医薬品と化粧品の中間に位置する製品で、薬事法第2条第2項に準じます。

穏やかな薬理作用が認められた成分が配合されており、「有効成分」として
その効果効能を表示することができます。
医薬品とは違い、治療ではなく、予防や皮膚などを清潔に保つことを目的としたものです。

◎化粧品
医薬部外品よりもさらに人体に対する効果・作用が穏やかなものです。
人体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、皮膚・毛髪をすこやかに
保つことを目的としたものです。

◆薬事法第2条第2項
1.? 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
2.? あせも、ただれ等の防止
3. 脱毛の防止、育毛又は除毛
4.? 人又は動物の保健のためにする、ねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

バナー