女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.07.11   更新日:2016.05.30

必見!自宅で髪を染めるときに知っておきたい2つのこと

毎日のケアこんにちは。

女性のための無添加育毛剤『マイナチュレ』
サポート事業部の坂本です。

先日、立て続けにヘアカラーとヘアマニキュアに
関する2通のご質問をいただきました。

1通目は、髪が傷んでいるという方からです。

「いつもヘアカラーをしているのですが、
髪の傷みが気になっていました。
ヘアマニキュアの方が髪を傷めないと聞いたのですが本当ですか?」

そして2通目は、黒染めについてです。

「就職活動で黒染めしようと思うのですが、ヘアカラーと
ヘアマニキュアでは、どちらがいいのですか?」

確かにドラッグストアでは、ヘアカラーもヘアマニキュアも、同じ棚に並んでいたりしますよね。

お手紙をくださった方だけでなく、髪を染めるのに、
ヘアカラーにするかヘアマニキュアにするか、迷われる方は、
多いのではないでしょうか?

そこで今回はヘアカラーとヘアマニキュアの違いについて
お話をさせていただきたいと思います。

ヘアカラーとヘアマニキュアのそれぞれのメリットとデメリット

ヘアカラーもヘアマニキュアも同じカラー剤ですが、

その役割は全く違います。

ではカラーとマニキュアのそれぞれの
メリットデメリットを詳しく見てみましょう。

ヘアカラーの特徴

へアカラーは髪の毛を脱色して、
髪の内側のコルテックスにまで色を染み込ませます。

[メリット]

・トーンや色を自由に選ぶことができる。

・発色もよく髪色を明るくしたい方にオススメで、黒髪も染められる。

色が長持ちする。

[デメリット]

・髪と頭皮へのダメージが大きく、切れ毛などの原因になることがある。

・黒髪に戻すのが大変。

ヘアマニキュアの特徴

ヘアマニキュアは、もともとはダメージを受けて
キューティクルが剥がれてしまったときに保護をするもので、
髪の外側に色素を吸着させてコーティングします。

髪を覆うだけなので、色落ちはしやすいですが、
髪へのダメージは少なくてすみます。

[メリット]

髪の毛のダメージが少ないのが最大のメリット。

・手軽に染められる。

・多くの人から、髪にハリやコシが出たという報告があり、髪質改善が期待できる。

[デメリット]

・髪の内部にカラー剤が浸透していないために色落ちしやすい。

・黒髪、白髪は色がつきにくい
(新たに白髪用のヘアマニキュアが登場しているが、ヘアカラー剤が入っていることが多く、
どうしても多少のダメージは受けてしまう)

・キレイに発色しない。

いかがでしょうか?

着色の仕方や色の仕上がり、髪の毛への負担もそれぞれ異なります。

自分の髪の状態や、なりたいイメージを考えながら、
お選びいただくことをおすすめいたしますわーい (嬉しい顔)

今だけ染めて、元の色に戻したいときはどうしたらいいの?

お手紙に「就職活動で今だけ黒髪にしたい」というご質問がありました。

短期間だけある髪の色にして、また元の髪色に戻したいという場合は、
ヘアマニキュアで染めましょうexclamation?

指に塗るマニキュアはリムーバーで落としますが、
ヘアマニキュアにも専用のリムーバーがあり、
ドラッグストアなどで購入できます。

簡単に自分で落とすことができるわけです。

もし自分で落とすのが不安なら、美容師さんにお願いすれば落としてもらえますよ。

―――――――――――――――――――――――――――

しっかり染めたいのであれば、ヘアカラー。

髪を労わりつつ染めたいのであればヘアマニキュア。

ここがいちばん大きな違いです。

でもいずれにしても
髪を守ってくれるシャンプーやコンディショナーでケアする
ことを忘れないでください!

シャンプーバナー
>> 女性用無添加育毛剤 マイナチュレ