女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る
マイナチュレ育毛ブックWEB版

日常の何気ない習慣が薄毛の原因に

日常の何気ない習慣
薄毛の原因になることをご存知ですか?

朝のシャンプー

朝の洗髪は、抜け毛の原因になるすすぎ残しが多くなりがち。また、本来寝ている間に時間をかけてつくられる皮脂膜が、頭皮を覆う前に外出することになるため、紫外線ダメージを受けやすくなってしまいます。

ダイエット

食事の量が減ったり栄養バランスが崩れたりすると、髪の成長に必要な栄養が毛根に届かず、強く美しい髪が育ちません。

紫外線ダメージ

1年中降り注いでいる紫外線は、健やかな頭皮や髪の妨げになります。お出かけをしていない時も、対策をしていますか?

女性の薄毛の原因はさまざまです!

女性の薄毛は、
多くのダメージが絡み合って起こります

外側からのダメージ

環境やヘアケアも髪と頭皮のストレスに。

  • 紫外線

    髪のダメージや、頭皮の乾燥や炎症、皮脂の酸化を招く。

  • 乾燥

    かゆみやフケを引き起こすだけでなく、頭皮が硬くなる原因に。

  • 間違ったヘアケア

    洗浄力の強すぎるシャンプーの使用や、すすぎ残し、自然乾燥などが頭皮の負担に。

  • パーマ・カラーなどの薬剤

    強い薬剤を使い続けると、髪のダメージや頭皮の炎症が起きやすくなる。

髪や頭皮を外部から弱らせる“外側からのダメージ

女性の薄毛は、身体の外側と内側からくるさまざまな要因によって起こります。
外側からのダメージは紫外線や気温、湿度の変化といった身体を取り巻く自然環境や季節の変化が挙げられます。
また、お手入れのつもりで行っているヘアケアが間違っていたり、パーマやカラーリングによって刺激を受けることも大きく影響しています。

内側からのダメージ

体内環境は、頭皮の状態に密接に関わっています。

  • 食生活の乱れ

    育毛に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラル等が不足する。

  • ストレス

    血流が滞るだけでなく、活性酸素の増加で頭皮の細胞がさびつく原因に。

  • 睡眠不足

    髪の成長が妨げられ、紫外線など日中に受けた頭皮のダメージも回復しない。

  • ホルモンバランスの乱れ

    髪の成長やヘアサイクルに悪影響を与え、抜け毛が増えやすくなる。

身体の中から薄毛を進行させる“内側からのダメージ

内側からのダメージは、毎日の食生活や生活習慣の乱れ、精神的なストレスが挙げられます。また、ホルモンバランスの影響も大きく、出産後や更年期以降は薄毛が進行しやすくなります。加齢で体格や肌が変化するように、髪も衰えが現れやすくなるのです。
外側と内側からのダメージは、気付かないうちに蓄積していることが多いので、日常的な対策を心がけましょう。