女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る
マイナチュレ育毛ブックWEB版

頭皮環境の悪化が及ぼす影響

頭皮環境が悪化すると栄養が毛根まで届かず
髪はやせ細っていきます

頭皮は髪を育てる土壌のようなものです

よく耕された土壌は水と栄養が行き渡り、作物が豊かに実ります。頭皮も同じで、柔らかく健やかな状態でなければ、健康な髪は育ちません。身体の内外からのダメージによって頭皮環境が悪化すると、必要な栄養が毛根に届かず、髪が細く抜けやすくなるのです。

頭皮の血流が滞る

頭皮の血流が滞る

頭皮は心臓から遠い身体の一番上部にあるうえ、筋肉が少ないので、ただでさえ血流が滞りやすい部分。そこに加齢や冷え、乾燥など、身体の内外からの要因が加わるとさらなる血行不良を招き、血行不良は頭皮が硬くなる原因にもなります。

髪の栄養不足

髪の栄養不足

健康な髪を育てるためには、毛根に十分な栄養が必要です。栄養を運ぶのは血液なので、加齢や乾燥、ストレスなどで血流が滞ったり、食べ物から摂取する栄養が不十分だと、必要な栄養が毛根まで届かず、抜け毛や髪が細くなる原因になります。

バリア機能の低下

バリア機能の低下

頭皮も顔の肌と同じように、ダメージを受けるとバリア機能が低下します。すると乾燥が進んだり、かゆみやフケ、過剰な皮脂が発生する原因に。また、活性酸素や紫外線、汚染物質に対する抵抗力も弱くなるので、炎症やかゆみ、見た目の衰えなどさまざまなお悩みが現れます。