女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

美髪のための育毛検定 さぁ、今すぐ始めましょう。

育毛に関する知識を正しく理解して、毎日のお手入れをしていますか?
ヘアケアと育毛知識に関するクイズに答えて、今のあなたの育毛レベルを診断してみましょう。

育毛検定 Part.1
毎日の髪と頭皮のお手入れ正しく行っていますか?

ヘアケア編

問1

ブラッシングで頭皮の汚れを浮かすには、どこに向かって髪をとかす?

  • A.毛先
  • B.つむじ
  • C.向きは関係ない

正解正解はB.つむじ

不正解正解はB.つむじ

ブラッシングイメージ

頭皮の毛穴は髪の流れと同じで下に向いており、下から上に向かってブラッシングすることで、頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂を浮かすことができます。

正しいブラッシング方法はこちら

問2

洗髪時のシャワーの適温は?

  • A.体温に近い37℃くらい
  • B.ぬるいと感じる39℃くらい
  • C.少し熱めの41℃くらい

正解正解はB.ぬるいと感じる39℃くらい

不正解正解はB.ぬるいと感じる39℃くらい

頭皮の汚れや余分な皮脂が落ちやすいシャワーの温度は、体温より少し温かく、ぬるいと感じる程度です。

シャワーの温度

高すぎると…

頭皮に必要なうるおいまで落とし、乾燥を招くおそれがあります。

低すぎると…

皮脂が固まり、頭皮の毛穴が詰まる原因になります。

問3

正しいシャンプー方法は?

  • A.頭皮をゴシゴシ揉んで洗う
  • B.髪をこすり合わせて洗う
  • C.手をジグザグに動かして洗う

正解正解はC.手をジグザグに動かして洗う

不正解正解はC.手をジグザグに動かして洗う

シャンプーイメージ

頭皮全体をムラなく洗うため、左右の手をジグザグに動かして洗います。指の腹をしっかりと頭皮に当て、髪ではなく頭皮を洗うように注意しましょう。

正しいシャンプー方法はこちら

問4

髪を乾かす際、ダメージを抑えるためにするべきことは?

  • A.タオルドライの途中、目の粗いクシで髪をとかす
  • B.なるべく髪に触らず、自然乾燥させる
  • C.ドライヤーを毛先から当てて乾かす

正解正解はA.タオルドライの途中、目の粗いクシで髪をとかす

不正解正解はA.タオルドライの途中、目の粗いクシで髪をとかす

タオルドライイメージ

毛先に水分を集め、効率よくタオルドライができるので、ダメージを最小限に抑えることができます。

正しいタオルドライ方法はこちら

問5

育毛剤を頭皮になじませた後にすることは?

  • A.タオルドライする
  • B.ドライヤーで乾かす
  • C.自然乾燥させる

正解正解はB.ドライヤーで乾かす

不正解正解はB.ドライヤーで乾かす

ドライヤーイメージ

育毛剤を塗布後、髪の根本をドライヤーで乾かすことで、頭皮のムレやムレによるかゆみを防ぎます。

正しいドライヤー方法はこちら

問6

育毛剤をなじませる部分は?

  • A.生え際と分け目
  • B.気になる部分のみ
  • C.頭皮全体

正解正解はC.頭皮全体

不正解正解はC.頭皮全体

生え際や分け目など気になるところは一部分でも、頭皮全体をケアすることが育毛につながります。

育毛剤使用イメージ

正しい育毛剤の使い方はこちら

問7

頭皮マッサージをする時、どの部分を使う?

  • A.指先
  • B.指の腹
  • C.手のひら

正解正解はB.指の腹

不正解正解はB.指の腹

マッサージイメージ

指の腹を使うことで、頭皮を傷つけずに、適度な力加減で育毛に有効なマッサージを行うことができます。

基本のマッサージはこちら

育毛検定 Part.2
髪と頭皮について、きちんと理解していますか?

育毛知識編

問1

髪の成長を促すといわれているホルモンは?

  • A.女性ホルモン
  • B.男性ホルモン
  • C.成長ホルモン

正解正解はC.成長ホルモン

不正解正解はC.成長ホルモン

就寝中に分泌され、身体のあらゆる器官・組織の修復や成長を促す働きをします。

骨・髪・肌の成長を促す 脳・筋肉などを修復する 免疫力を高める
問2

育毛剤の効果はまずどの部分に現れやすい?

  • A.毛先
  • B.髪の根元
  • C.頭皮

正解正解はC.頭皮

不正解正解はC.頭皮

育毛剤は頭皮環境を整えて髪の成長を促すため、使い始めると、初期段階として、頭皮に次のような変化が現れやすくなります。

  • 頭皮が柔らかくなる
  • かゆみが気にならなくなる
  • 頭皮の赤み(炎症)がおさまる
  • フケが出なくなる
問3

最も抜け毛が増えやすい季節はいつ?

  • A.花粉症が飛び交う春
  • B.紫外線が最も強い夏
  • C.夏の疲れが残りがちな秋
  • D.冷えに気をつけたい冬

正解正解はC.夏の疲れが残りがちな秋

不正解正解はC.夏の疲れが残りがちな秋

夏に浴びた強い紫外線のダメージが頭皮に蓄積され、秋は最も抜け毛が増えると言われています。

季節の頭皮トラブル

春 気温上昇による頭皮の毛穴詰まりや
花粉によるかゆみ
夏 汗ムレによるかゆみと過剰な皮脂
分泌によるニオイ
冬 冷えによる頭皮の血行不良と乾燥に
よるかゆみやフケ
問4

髪の約8割を占める成分は?

  • A.水分
  • B.たんぱく質
  • C.メラニン色素

正解正解はB.たんぱく質

不正解正解はB.たんぱく質

たんぱく質80% 水分12% メラニン色素4.5% 脂質3.5%

髪の約80%がたんぱく質で、爪や肌の角質と同じ硬い性質のケラチンたんぱく質が大部分を占めています。

問5

食事でしか補えないアミノ酸・メチオニンを一番多く含む食材はどれ?

  • A.カシューナッツ
  • B.鶏むね肉
  • C.牛乳

正解正解はB.鶏むね肉

不正解正解はB.鶏むね肉

必須アミノ酸・メチオニンは主に動物性たんぱく質に多く含まれます。

鶏むね肉 メチオニン含有量 1650mg 1食分目安量 115g
牛乳 メチオニン含有量 168mg 1食分目安量 210g
カシューナッツ メチオニン含有量 42mg 1食分目安量 10g
問6

頭皮の乾燥が気になる時、特に積極的に摂りたい食材を含むメニューは?

  • A.うな重
  • B.アジの開き 大根おろし添え
  • C.霜降りステーキ

正解正解はA.うな重

不正解正解はA.うな重

頭皮の乾燥には、ビタミンAなど細胞づくりに必要な栄養素が効果的です。

ビタミンA:皮膚の健康を維持する ・レバー ・うなぎ ・にんじん ・ほうれんそう+ビタミンC:コラーゲンの生成を促す 葉酸:細胞の生成を助け、新陳代謝を促す
問7

睡眠の質を決めるといわれている睡眠中で最も大切な時間帯は?

  • A.就寝直後~3時間
  • B.就寝後4時間~6時間
  • C.就寝後6時間~8時間

正解正解はA.就寝直後~3時間

不正解正解はA.就寝直後~3時間

髪の成長を促す成長ホルモンは就寝後3時間に最も分泌が高まります。この時間帯の睡眠の質が、育毛効果を左右します。

睡眠と成長ホルモンの関係

睡眠と成長ホルモンの関係
問8

夜遅く帰宅した時、質の高い睡眠のために効果的なのは?

  • A.お酒を飲んで、寝つきをよくする
  • B.なるべく早くベッド(布団)に入る
  • C.湯船につかって身体を温める

正解正解はC.湯船につかって身体を温める

不正解正解はC.湯船につかって身体を温める

入浴後、体温が下がる時に自然と眠気が起こるため、スムーズな入眠につながります。

タイミング:就寝1時間前 温度:39℃くらい 入浴時間:10分程度

問題はここまでです。
いかがでしたでしょうか?
さっそく育毛レベルを診断してみましょう。
※【ヘアケア編】+【育毛知識編】
全15問の正解数で判定します。

ヘアケア編+育毛知識編 正解数であなたの育毛レベルを判定!

判定結果

全15点中

育毛レベル100点

大変よく出来ました!

ヘアケアも育毛知識も正しく身に付いています!ぜひこの調子でお手入れを続けてください。

育毛レベル60点

おしい!もう少し!

育毛ケアについて間違った思い込みをしていないか振り返り、正しい知識を身につけましょう。

育毛レベル30点

頑張りましょう!

正解数が半数以下だったあなた。「マイナチュレ育毛ブック」をもう1度読んで、基礎知識を復習しましょう。

育毛ケアの基礎知識
『マイナチュレ育毛ブック』Web版はこちら

育毛ブック
ヘアケアに関するお問い合わせはこちら
残り

15