女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.02.26   更新日:2016.04.17

薬物性脱毛症

薬剤性脱毛症の原因は、主にガン治療の際に用いられるやC型肝炎の治療に用いられる
インターフェロンなどの薬剤の投与により、髪が全体的に薄くなったり、
髪が細くなったりする症状のことです。

これらの治療薬は、特定のガン細胞などの悪い細胞や菌類の活性を阻害するように
働きかけますが、同時に健康な細胞にも悪影響を及ぼします。
髪の毛母細胞にも作用するため脱毛症を生じます。

薬の投与を中止すれば、特に育毛や発毛の対処をしなくても次第に回復していきますが、
発毛と薬剤投与を同時に行うことはできません。

また毛髪が完全に消失し、かなりの時間を経過してしまった場合は、
毛根が機能を失ってしまっていることも多く、その場合の髪の再生は非常に困難です。