女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2021.07.27   更新日:2021.07.27

前髪が伸びないのはなぜ?薄毛・抜け毛の原因やエイジングケアの対処法を解説

「最近前髪が伸びない」とお悩みの女性は多いのではないでしょうか。実は前髪が伸びないのは薄毛の可能性があります。その場合、早めの対策がおすすめです。この記事は、髪に悩みを持つ女性向けに、前髪が伸びない理由や原因、対処法を解説します。薄毛や抜け毛にお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

前髪が伸びないのはなぜ?薄毛・抜け毛の原因やエイジングケアの対処法を解説

前髪が伸びないのは薄毛の可能性あり

前髪が伸びなくなったと感じることは、髪の毛全体の薄毛が進行している可能性があります。本来、髪の毛の断面はハサミで切ったような直線的な形状をしています。先が細くなるような前髪が多い場合は、一定の長さになれば抜けて伸びにくくなっている状態です。そのため、前髪が伸びないと感じるのです。

薄毛は頭頂部や毛量全体が少なくなってから気づくというよりも、前髪が伸びないことで気がつくケースが多い傾向にあります。前髪の薄さは見た目を左右するため、気になったら早めのケアをおすすめします。

前髪が伸びない原因

前髪が伸びない原因について詳しく解説します。

髪全体がボリュームダウンしている

髪の毛の中でも特に生え際は目立ちやすいため、薄くなると自分で気づきやすいです。しかし、実は前髪だけが薄くなっているわけではなく、後頭部や頭頂部、側頭部が薄くなり、髪全体のボリュームが減っている可能性があります。前髪の薄さは髪の毛に栄養が行き渡らなくなっているサインといえるでしょう。

ヘアサイクルで抜け毛が多い

ヘアサイクルとは髪が生えて、抜ける周期のことです。髪の毛は1日80~100本ほど抜けるといわれています。特に季節の変わり目は抜け毛が増える傾向にあります。そのため、抜け毛が増えたように感じるのです。

女性ホルモンが乱れている

前髪が薄い原因は女性ホルモンが乱れている可能性もあります。女性ホルモンのエストロゲンは、ヘアサイクルを正常に保つ働きを持っています。これは不規則な生活や、ストレス、閉経などでホルモンバランスが乱れることがあります。

エストロゲンが減少することでヘアサイクルが乱れ、早く抜けたり、新しい髪が生えてこなかったり、髪のハリ・コシがなくなったりするのです。

血行不良が起きている

前髪が薄くなる原因は血行不良が起きている可能性もあります。頭皮は加齢とともに硬く動きにくくなります。原因は筋肉が萎縮し、毛細血管が引っ張られて細くなるため、髪に栄養が行きづらくなるためです。また、ストレスも血行不良を引き起こす原因となります。

頭皮に負担をかけている

頭皮に負担をかけた部分の髪が薄くなることもあります。たとえば、以下のようなことが頭皮に負担をかける原因となります。

・同じヘアスタイルを続ける
・前髪をまとめてアップヘアにする
・ヘアアイロンやコテで強く引っ張る
・エクステを付ける

このようなことを続けていると、牽引性脱毛症になりやすいです。

前髪が伸びない悩みは更年期の女性に多い

前髪が伸びないという悩みは、45~55歳の更年期の女性に多いです。女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ヘアサイクルが乱れて健康的な髪の成長が維持しづらくなり、産毛のような弱い髪が抜けてしまうためです。

また、蓄積されたダメージも薄毛・抜け毛の原因となります。そのため、髪に艶、コシ、ハリがなくなるという悩みを持つ女性が多くなるのです。

女性に見られる脱毛症の種類

女性に見られる脱毛症にはいくつかの種類があります。それぞれ解説します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは女性特有の脱毛症で、全体的に髪のボリュームが減り、地肌が目立つようになる症状のことです。主な原因は加齢によるものですが、ホルモンバランスの変化や血流不足、ストレスなどが影響して若い女性にも起こります。また、50代以降の女性の半数がびまん性脱毛症ともいわれています。

FAGA(女性男性型脱毛症)

先に紹介したびまん脱毛症のほとんどがFAGAといわれています。FAGAとはびまん脱毛症を含む、女性特有の薄毛症状のことをいいます。

FAGAになる原因は2つあります。1つ目は女性ホルモンが低下して男性ホルモンが増えることで、2つ目は女性モルモンの一種であるエストロゲンの減少です。また、抜け毛の症状にAGA(男性型脱毛症)もありますが、これは男性ホルモンと遺伝が関係する脱毛症で、放置すると完全に髪が抜け落ちる症状になります。

前髪が伸びないときの対策法

ここからは、前髪が伸びないときの対策法について解説します。

育毛剤を使う

前髪を育てるために、育毛剤を使うという方法もあります。育毛剤を使うことで、髪が育ちやすい頭皮環境に整え、予防ケアができるのです。育毛剤を選ぶ際は、育毛効果が期待できる成分・保湿成分が配合されているもの、女性専用のものをおすすめします。マイナチュレは無添加製法にこだわっており、肌にも髪にもやさしい育毛剤です。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら

育毛シャンプーに変える

前髪は育毛シャンプーでも育てられます。育毛シャンプーは頭皮環境を整えることで、髪にハリやコシを与える効果が期待できるものを使いましょう。実際に使う際は洗い残しに注意してください。洗い残しは毛穴の詰まりの原因となり、髪の毛が抜けやすくなるため、しっかりと洗い流すことが大切です。

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージを行うことも前髪を育てるうえで有効です。血行促進を促し、頭皮を柔らかく保つことができます。やりかたは両手をやさしく頭皮の根元に差し込み、ゆっくりとやさしく動かしてマッサージしてください。頭皮マッサージは目の疲れの解消、美肌、リフトアップにも効果的です。

頭皮への負担を減らす

前髪が薄くなる原因は頭皮への負担がかかっている可能性もありますので、極力負担を減らしましょう。たとえば、毎日ヘアアイロンを使っている人は、パーマや縮毛矯正をすることで負担を減らせます。パーマや縮毛矯正は一時的に頭皮に負担はかかりますが、毎日ヘアアイロンを使うよりも確実に頭皮の負担を減らせます。

それでもヘアアイロンやドライヤーを使いたい場合は、低めの温度でじっくりとセットすることが大事です。

食生活を見直す

髪が伸びない原因は栄養不足の可能性もあるため、食生活を見直すことも改善策のひとつです。髪を育てる栄養素としては、タンパク質、ミネラル、ビタミンが欠かせません。タンパク質は、肉、卵、魚、乳製品、大豆に多く含まれています。特に髪に大豆がおすすめです。

肉は脂肪が多く含まれているため、あまりおすすめはできません。大豆や魚を中心に野菜も多くとりましょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランについては女性の場合、更年期、妊娠出産などの時期の対策は難しいかもしれません。しかし、日常のケアでホルモンバランスを乱さないように気をつけることは重要です。たとえば、ストレスを溜めないように適度にストレス発散したり、食生活をバランスよく整えたりして、ホルモンバランスに気を配りましょう。

クリニックで治療する

本気で前髪の薄毛を治したい場合は、クリニックや病院で治療することができます。お金はかかりますが、確実な方法といえるでしょう。クリニックや病院では内服薬や外服薬を使って、前髪の薄さの原因を改善していきます。ほかの対策をしても薄毛が治らない場合は、検討してみましょう。

薄い前髪をすぐにカバーする方法

前髪改善には時間がかかりますが、伸びない前髪が目立たないようにする髪型なら、すぐに薄毛をカバーできますので解説します。

こまめにヘアスタイルを変える

いつも同じヘアスタイルにするのではなく、1日おきにヘアスタイルを変えたり、分け目を変えたりすることで、頭皮への負担を減らすことができます。また、いつも髪をアップにして束ねている方の場合、ずっと頭皮に負荷がかかっている状態ですので、たまには下ろした自然のスタイルにするのもよいでしょう。

髪型やヘアアレンジでカモフラージュする

髪型やヘアアレンジで薄毛をカモフラージュする方法もあります。前髪を厚めに作ったり、分け目を作って横に流したりするなど、薄い前髪をカバーする髪型は多数あります。ショート、ミディアム、ロング、それぞれの髪の長さにあう髪型にアレンジできますので、チャレンジしてみてください。

まとめ

前髪が伸びない、ということは女性によくある悩みです。対策としてはホルモンバランスを整えたり、食生活を見直したり、ヘアアレンジをしたりという方法があります。

マイナチュレは2020年 通販部門 敏感肌ヘアケア市場で年間売上1位を獲得いた育毛剤です。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して長くケアができるよう、安心と効果を徹底的に追求し、無添加処方にこだわった商品を提供しています。前髪が伸びないということでお悩みでしたら、ぜひお試しください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら