女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.07.22   更新日:2022.07.22

夏は抜け毛が多くなる?女性の抜け毛の原因と対策を解説

夏に抜け毛が増えた気がすると感じる人も多いのではないでしょうか。夏は頭皮や髪へのダメージが多い季節なので、適切なケアが大切になってきます。今回は、女性の抜け毛の特徴や夏に抜け毛が増える理由と対策、季節ごとの注意点を解説していきます。最近抜け毛が増えてきて気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

記事のタイトルを記載

そもそも、女性の抜け毛はなぜ起きるのか

まず、なぜ女性の髪は抜けてしまうのでしょうか?ここでは、女性の抜け毛が起こる原因について解説していきます。

毛周期(ヘアサイクル)とは

毛周期(ヘアサイクル)とは、髪が生まれ変わりを繰り返す一定のリズムのことです。このヘアサイクルが抜け毛に大きく関係しています。

ヘアサイクルは3つの段階があります。まずは毛髪が伸びていく成長期という時期があります。そして退行期という毛髪の根本にある「毛球」が縮まり退化する時期があり、最後に毛髪の成長が完全に休止する休止期があります。上記のサイクルが乱れると抜け毛が異常な増加などに繋がります。

一般的な期間は、成長期が3〜5年程度、退行期が2〜3週間ほど、そして休止期が2~3ヶ月と言われています。

女性の抜け毛の主な原因

女性の抜け毛の要因で多いのが、びまん性脱毛症です。発症の原因としては、ホルモンバランスの変化や頭皮への血流不足、栄養不足などさまざまな要因が重なることで起こるとされています。

その他にもストレスや血行不良、生活習慣の乱れなどは抜け毛の原因として考えられます。女性の抜け毛の特徴としては、様々な要因が重なって抜け毛が増加するケースが多いです。

抜け毛が多いかどうかはどうすればわかる?

実は正常なヘアサイクルの場合でも、抜け毛の目安は1日50〜100本程度はあります。なので抜け毛があるからと言ってすぐ不安になる必要はありません。

正常な抜け毛かどうかは、抜け毛で判断することができます。抜け毛に毛根がなかったり、非常に小さかったりする場合は、ヘアサイクルが乱れて成長期の途中で髪の毛が抜けてしまっている可能性があるため、注意が必要です。また、通常のヘアサイクルによる抜け毛は毛根の根元が白か透明になりますが、毛根全体が真っ黒な場合は血行の流れが悪いなどの理由で、髪の毛に必要な栄養が届いていない可能性があるため、注意が必要です。

夏は抜け毛が最も増える季節?

夏から秋にかけて抜け毛が増えると感じる人は多いです。近年、猛暑が多くなっている夏ですが、夏の暑さは頭皮や髪にも様々なダメージを与えています。夏の抜け毛が気になる場合はその原因を把握し、適切なケアを行うことが重要です。

夏に抜け毛が増える主な原因は紫外線によるダメージ


夏の抜け毛となる主な原因は、紫外線によるダメージです。紫外線は「髪」「頭皮」それぞれに悪影響を及ぼします。髪は紫外線によってキューティクルが剝がれやすくなり、紫外線による「光老化」によって髪を作る毛母細胞がダメージを受けます。頭皮も紫外線のダメージにより炎症が起きやすくなります。髪の成長期にダメージを受けると、ヘアサイクルが乱れる原因となるので注意が必要です。

その他に考えられる要因

ここからは、紫外線以外の夏に注意するべき抜け毛の原因について解説していきます。

1.冷房の多用による乾燥・冷え

夏は気温が上がるため冷房を使用しますが、その冷房も抜け毛の原因になる可能性があります。冷房によって空気が乾燥することで髪がパサついたり、血流が悪くなったりすることで、抜け毛を引き起こす原因の1つになる可能性があります。もともと乾燥肌の人や、夏は冷房・除湿器をつけっぱなしにする人などは特に注意が必要です。

2.夏バテ

夏バテも抜け毛の原因となります。夏は暑さのせいで食欲もなくなります。食が細くなると、髪の成長に必要な栄養がとれなくなる恐れがあります。たんぱく質、ミネラル、ビタミンという3つの栄養素が髪には重要なので、夏バテによる栄養不足には注意が必要です。夏はいつも食欲が減退していたり、食事が偏りがちな人は注意が必要です。

3.皮脂や汗の増加

夏は汗を多くかくため、皮脂が多く分泌されやすいです。過剰な皮脂の分泌がされると、毛穴が詰まる恐れがあり、その結果頭皮の炎症などを引き起こす可能性があります。もともと汗・皮脂が多い人や汗をかいても放置している人などは、皮脂による抜け毛の増加の可能性が特にあります。

4.海水

髪の毛は弱酸性で、その状態をキープしていればダメージを受けることはほとんどありませんが、アルカリ性の海水に触れると髪の表面を守るキューティクルが開いてしまいます。また、海水の塩分に含まれる塩化マグネシウムが、髪の主成分であるケラチンを固めてしまいます。そのため髪へのダメージが大きく、切れ毛や抜け毛の原因になってしまいます。

季節と抜け毛の関係を理解して、適切な対策・ケアをすることが大切

夏だけでなく頭皮・髪への影響は季節によっても異なるため、それぞれの季節に合ったケアが必要です。

春は新生活などで人間関係や環境の変化によるストレスや、花粉症による頭皮の炎症などが原因になる可能性があります。ストレスは自律神経の乱れや血管の収縮による血行不良を引き起こすので、抜け毛の大きな要因の1つになります。

秋の抜け毛の要因は、夏の間のダメージと気温の変化です。夏の海水浴や紫外線などは、頭皮に大きなダメージを与えます。それらのダメージが蓄積され、秋に抜け毛という症状として現れてくるのです。また気温の変化で自律神経がうまく働かず、ホルモンバランスなどが乱れて抜け毛が増加してしまうこともあります。

冬は空気が乾燥しているため頭皮も乾燥しやすく、それが原因で頭皮の過剰分泌を引き起こします。その皮脂の過剰分泌などが血行不良などを引き起こし、抜け毛が増えやすくなります。また気温の低下によっても血行が悪くなり、抜け毛が増加する恐れがあります。

夏の抜け毛を防ぐためのポイント

ここからは、夏の抜け毛を防ぐためのポイントを解説していきます。

紫外線対策

髪の毛も頭皮も、夏の紫外線を浴びると大きなダメージを受けます。外出の際には、帽子や日傘で紫外線対策をするようにしましょう。また湿気が溜まらないように、帽子は蒸れないような通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

栄養・睡眠不足の防止

抜け毛の防止には、食事の質が重要になってきます。髪の成長のために十分なバランスの良い栄養素を摂るようにしましょう。どうしても食材だけで補えない場合は、サプリも併用するといいでしょう。特にタンパク質、亜鉛、イソフラボンの3つは、髪の主成分や成長をする毛細胞の素となる成分が入っているので、積極的に摂るようにしましょう。

また良質の睡眠も欠かせません。エアコンなどを使って、寝ている間も快適な室温・湿度を保つようにしましょう。またシャワーではなく湯船につかりリラックスするなど、寝る前の行動にも注意しましょう。

乾燥対策

乾燥による頭皮の過剰な皮脂分泌などは、抜け毛の大きな原因になります。そのため頭皮の乾燥対策もしっかりとするようにしましょう。シャンプーのしすぎは頭皮の余計な皮脂まで洗い流してしまうため、1日1回にするようにしましょう。またエアコンのかけすぎに注意をし、風も直接髪に当てないようにしましょう。

頭皮ケアを見直すことも大切

抜け毛を防ぐためには、日頃の頭皮ケアを見直すことも重要です。ここからは見直すべき頭皮ケアについて解説していきます。

頭皮に合ったシャンプーを選ぼう

洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮にダメージを与える可能性があります。例えば石油系界面活性剤、シリコンなどは余計な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮トラブルに繋がってしまいます。選ぶときには、頭皮にやさしく適度な洗浄力をもつアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

シャンプーするときのポイント

シャンプーの仕方についても見直してみましょう。シャンプーをする際には、まずブラッシングを行います。その後予洗いをして、シャンプーで洗う前に、髪の毛自体に着いている汚れをぬるま湯で洗い流します。シャンプーを泡立ててから、しっかりともみこむように洗うようにしましょう。その際お湯は温度が高すぎると頭皮に良くないため、39度以下でやさしく洗うようにしましょう。

マッサージや育毛剤も効果的

お風呂上がりには、頭皮マッサージをするようにしましょう。頭皮の血行不良は髪に栄養分や酸素が届かず、コシがなくなる原因のひとつです。マッサージにより頭皮が柔らかくなると、血行が良くなり髪が十分に成長できるようになるため、マッサージは抜け毛ケアに効果的です。

頭皮保湿ローションや育毛剤を使ってケアするのもおすすめです。育毛剤は発毛促進だけでなく、頭皮環境を整える作用もあります。育毛剤を選ぶ際には、頭皮に優しい女性用のものを選ぶようにしましょう。

外側だけでなく内側からも頭皮環境を整える「めぐり頭皮セット」

抜け毛を予防したい人には、育毛剤とサプリメントがセットになった「めぐり頭皮セット」がおすすめです。敏感肌でも使える、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーで頭皮環境を整え、髪に嬉しい成分を一粒に凝縮したサプリメントで体内から環境を整えます。

肌が敏感だったり無添加処方のものを使いたい人や、内側からの対策も取り入れたいと思っている人にはおすすめの商品です。

マイナチュレ めぐり頭皮セットはこちら

まとめ

今回は女性の抜け毛の特徴や夏に抜け毛が増える理由と対策、季節ごとの注意点を解説してきました。夏は特に髪や頭皮が特にダメージを受けるため、日頃のヘアケアからしっかりと見直すようにしましょう。

ヘアケアアイテムとしておすすめなのが、「マイナチュレ」です。マイナチュレは2022年通販部門敏感肌ヘアケア市場で、年間売上1位を獲得しました。無添加処方にこだわった商品で、敏感肌や乾燥肌の方でも安心してケアを続けられます。ヘアケアアイテムをお探しの方は、ぜひマイナチュレをお試しください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら