女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.07.29   更新日:2022.07.29

頭皮が痛い原因とは?女性の抜け毛の種類や、頭皮環境を改善する対策も解説

頭皮に触ったりした際、痛みを感じたことはありませんか。一時的ならまだしも、長く続くと心配です。頭皮環境の悪化は抜け毛の原因にもなるので、痛みを感じた場合は放っておかず、原因に応じた対策をとる必要があります。この記事では、頭皮の痛みや抜け毛が気になる女性に向けて、頭皮が痛くなる原因や、抜け毛の種類、また頭皮環境を改善する対策を解説します。ぜひ参考にしてください。

頭皮が痛い原因とは?女性の抜け毛の種類や、頭皮環境を改善する対策も解説

頭皮が痛い原因とは

頭皮に痛みを感じる原因は何なのか、ポイント別にみてみましょう。

フケによる刺激

フケ自体は、新陳代謝により頭皮の角質が自然にはがれ出たもの。ただし、フケの量が過剰に増えると頭皮に刺激が起こり、かゆみや痛みを引き起こす原因になります。かゆみが続くとつい頭をかきむしってしまい、頭皮が荒れて痛みが悪化する恐れがあります。

フケが増加する理由として、新陳代謝の乱れ、誤ったシャンプーやリンスの使用、ストレスや栄養不足などが考えられます。

頭皮の乾燥

頭皮が乾燥すると、外的刺激から頭皮を保護するバリア機能が低下するため、刺激に対して反応が起こりやすくなります。痛みが出やすいのはそのためです。頭皮の乾燥は、ターンオーバーの乱れやストレス、誤ったヘアケア、血行不良など、いろいろな理由が考えられます。

気温や気候の変化も関係しています。冬場は外気が乾燥する一方、室内も暖房の利用で湿度が低くなって乾燥します。夏場は高温で頭皮表面の水分が失われて乾燥が進みがちです。

紫外線によるダメージ

紫外線によるダメージも頭皮が痛くなる原因です。紫外線を強く浴びると頭皮が日焼けし、炎症や乾燥を引き起こすため、痛みが出やすくなります。紫外線によるダメージが悪化すると、毛根が痛んで抜け毛が増える原因にもなります。日焼けによって頭皮がヒリヒリ痛む場合は、すぐに冷やして対応しましょう。

刺激の強いヘアケアアイテム

ヘアケアアイテムの刺激が強すぎるのも、頭皮を痛める原因です。シャンプーやコンディショナー、育毛剤などが肌に合わないと、刺激が起こって頭皮が荒れ、痛みを引き起こします。また、パーマやヘアカラーに使われた液剤の刺激が強く、頭皮に負担をかけている可能性もあります。

ストレス・血行不良

血行不良で血管が収縮して頭皮への血流が低下すると、痛みを引き起こす場合があります。生活習慣の乱れによりストレスが溜まったり、冷房の使用で体の冷えや肩こりが起こったりして、頭皮への血流が低下し、痛みを引き起こします。そのため、ストレスの原因を取り除く、生活習慣を見直してみるなどの取り組みが必要です

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが原因で、頭皮が傷んでいる可能性があります。女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下すると、男性ホルモンが過剰に分泌されて皮脂の分泌量が増え、さらに頭皮の常在菌が皮脂を分解して増殖します。結果、頭皮に炎症が起こって痛みを感じやすくなります。ホルモンバランスの乱れは抜け毛の原因にもなるので、放置できない問題です。

抜け毛が気になる女性は脱毛症の可能性もある

女性の薄毛を改善したい人必見|薄毛の原因や6つの改善方法など詳しく解説

頭皮の痛みと抜け毛が気になっている女性の場合、脱毛症を発症している可能性も疑われます。代表的な脱毛症を解説します。

女性型脱毛症

40〜50代で発症しやすく、更年期や閉経後の女性ホルモンの分泌量低下が原因と考えられています。徐々に薄毛が進行しますが、男性のように完全に抜け落ちることはなく、頭頂部の薄毛が広い範囲で起こります。

産後脱毛症

出産後に一時的に抜け毛が急増する症状です。妊娠中に多く分泌されていた女性ホルモンが、出産後に通常の量に戻るため、毛髪の成長が妊娠前の状態に戻る過程で脱毛が起こると考えられます。出産したほぼ全員の女性が経験し、2〜3か月から1年以上かけて自然に落ち着きます。

頭皮が痛いときの対処法・女性の抜け毛対策

頭皮が痛くなる原因を取り除き、頭皮環境を整えることで、症状の改善や抜け毛対策が期待できます。そこで、頭皮が痛いときの改善法と抜け毛対策について具体的に解説します。

シャンプー方法を改善する

自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが肝心です。頭皮環境や洗浄力の違いなどで相性が変わるので、購入前に試供品などで試してみましょう。

また、シャンプー方法そのものが間違っている可能性もあります。正しいシャンプー方法で洗うことが大切です。

まず、お湯でよく髪の毛をすすいで汚れを洗い落とし、シャンプーをよく泡立てた状態で髪全体に伸ばします。このとき、爪を立てずに指の腹で頭皮をマッサージするように洗うことがポイントです。洗髪後は濡れたままにしておくと、雑菌増殖の原因になるので、タオルドライとドライヤーで、わずかにうるおいが残る程度に乾かしましょう。

頭皮マッサージを取り入れる

頭皮マッサージを普段のヘアケアに取り入れるのも有効です。頭皮の血行が促進されると、頭皮のターンオーバーが促進されてバリア機能の高まりが期待できます。

頭皮マッサージは両手の指の腹を使って、小さな円を描くように頭皮をもみほぐしたり、指の腹で頭皮をずらすように軽く押したりします。マッサージオイルを使うと指のすべりが良くなるのでおすすめです。

生活習慣を整える

生活習慣を整えて体調を改善すると、頭皮環境も改善され、健康的な髪が育まれます。普段の食事内容を見直して、糖分やタンパク質など、より栄養バランスのよい食事に改善しましょう。また、十分な睡眠で疲労やストレスが取れるように、睡眠の習慣や寝具などを見直すのも有効です。適度な運動を取り入れると、血行促進により体調も改善されます。

紫外線対策をする

屋外で紫外線を浴びて頭皮がダメージを受けないよう、紫外線対策も重要です。外出時は、帽子を被りましょう。紫外線カット機能があり、通気性が高いものがおすすめです。あわせて日傘を活用すれば、より確実に紫外線から頭皮を守れます。さらに、頭皮専用のUVケアスプレーを使うことで、直接照射される紫外線をブロックできます。

女性の抜け毛対策におすすめのアイテム

女性にとって抜け毛は、世代を問わず深刻な悩みです。抜け毛対策に役立つアイテムを2つ紹介します。

マイナチュレシリーズ女性用育毛剤

「マイナチュレシリーズ女性用育毛剤」は、健康的な頭皮ケアができる育毛剤としておすすめです。センブリ・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-αトコフェロールの有効成分3種をはじめ、髪と頭皮のことを考えた処方にこだわりました。使いやすさと有効成分の鮮度保持力を高める構造のボトルを採用しています。

マイナチュレシリーズ女性用育毛剤の詳細はこちら

サプリメント オールインワン

抜け毛対策には内側からのケアも重要です。「サプリメント オールインワン」は、不足しがちな栄養成分を配合したサプリメント。亜鉛、銅、ビタミンB6などの栄養機能成分7種、シスチン、ケラチンなどの栄養素、109種類の植物酵素エキスと乳酸菌、さらに、コラーゲンや椿種子エキスなどの成分が配合されています。

サプリメント オールインワンはこちら

病気によって頭皮が痛い場合

頭皮の痛みは、病気が原因という場合もあります。病気が疑われる場合は病院の受診が必要です。ここでは、どのような病気があるのか解説します。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛根を包む毛包や毛嚢に、黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して、炎症が起きた状態です。赤いブツブツや膿をもった水疱ができ、周囲が赤みを帯びて痛みを生じます。悪化する前に早めの治療が必要です。

脂漏性(しろうせい)皮膚炎

頭皮で過剰に皮脂が分泌されると、マラセチア菌などの常在菌が増殖して皮脂を分解した際に発生する物質が原因で、頭皮に炎症が起こります。かゆみを伴う湿疹ができたり、軽度の痛みが起こったりします。悪化すると、硬いかさぶたで頭皮が覆われることもあります。

接触皮膚炎

接触性皮膚炎は、シャンプーやトリートメント、ヘアワックスなどのヘアケアアイテムが肌に合わず、刺激により頭皮に炎症が起こることが主な原因です。皮膚の赤みや痛み、かゆみを生じますが、原因となるヘアケア製品の使用をやめると症状が落ち着くこともあります。

頭皮の痛みが強いときの対処法

頭皮の痛みが強い場合は、どのような対応をすれば症状が改善されるでしょうか。いくつかの方法を紹介します。

市販の薬を飲む

痛みがひどい場合、薬局などで販売している市販薬の痛み止めや抗炎症薬を使って、痛みを一時的に改善できます。ただし、原因に合わない薬を使うと症状が悪化する可能性があるため、注意が必要です。数日で痛みが改善しない場合は、薬を飲み続けるのをやめて、皮膚科を受診しましょう。

医療機関を受診する

頭皮が痛いときは、自分で対応策を講じるよりも、医療機関を受診するのがおすすめです。何が痛みの原因になっているかを解明し、適切な処置を施してもらえます。先延ばしして病状を悪化させる前に、皮膚科で適切な診断と治療を受けましょう。

女性の頭皮や抜け毛の悩みでよくある質問

女性特有の頭皮や抜け毛に関する悩みについて、よくある質問と回答を紹介します。

抜け毛が増える季節はある?

一般的に、春と秋に抜け毛が起きやすく、1日200本以上抜けることもあります。春は異動や進学など環境の変化でストレスが溜まりやすく、秋は夏の間に蓄積した紫外線などによるダメージが出やすいことも関係しています。

普段でも、1日最低50〜100本の髪の毛が抜けるといわれています。季節によって抜け毛の量は異なりますが、季節に関わらず生活習慣を整え、ストレスを溜めないように過ごすことが大切です。

同じ髪型を続けると頭皮や抜け毛によくない?

長い間、髪の分け目を変えずに同じ状態を維持したり、ポニーテールのように髪をきつく引っ張るヘアスタイルにしたりするのも、特定の場所に負荷がかかって抜け毛の増加につながる可能性があります。髪型や分け目を変えてみたり、ゴムで結ばずに髪をおろして休ませる時間を設けたりして、頭皮への負担を軽減する工夫をしましょう。

まとめ

主な頭皮の痛みは、乾燥や紫外線ダメージ、ヘアケアアイテムの刺激、ストレスなどが原因です。ヘアケアの見直しや生活習慣の改善、紫外線対策などの工夫で症状の改善が見込めるでしょう。ただし、痛みや抜け毛がひどい場合は、脱毛症や皮膚炎を発症している場合もあります。すみやかに専門の医療機関を受診することが大切です。

頭皮の痛みや脱毛の予防は、普段のヘアケアが重要です。マイナチュレの女性用育毛剤は、無添加処方にこだわった商品で、敏感肌や乾燥肌の方でも安心してケアができます。ぜひご活用ください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら