女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.08.22   更新日:2022.08.22

頭皮が赤いと抜け毛につながる?女性向けに原因と対処法を解説

頭皮に赤みが生じていたり、抜け毛が気になっていたりする人もいるでしょう。頭皮にトラブルが生じているときは、適切なケアが必要です。この記事では、頭皮の赤みや抜け毛が気になっている人に向けて、頭皮が赤くなる原因や対処法などを解説します。頭皮の赤みと抜け毛の関係についても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

頭皮が赤いと抜け毛につながる?女性向けに原因と対処法を解説

赤い頭皮はトラブルのサイン

頭皮に赤みが生じている場合は、何らかのトラブルが発生しているサインです。頭皮が健康的な状態である場合、頭皮の色は青白くなっています。頭皮が赤くなっているなら、炎症が起きていると考えられます。赤みから血行不良や炎症の悪化につながる恐れもあるため、注意が必要です。

頭皮の赤みが気になるときは、早めに原因を突き止めて対処しましょう。早めに対処すれば、症状が軽いうちに抑えることができます。

赤い頭皮と抜け毛の関係は?

頭皮の赤みが悪化すると、抜け毛の原因になる場合があります。頭皮が赤くなっている時には、血液の流れが滞ってうっ血している可能性も考えられます。頭皮の血流が悪くなると髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなります。その結果ヘアサイクルに乱れが生じ、抜け毛につながります。放置していると、頭全体の薄毛が気になってくる場合もあります。

頭皮が赤い原因

前髪が伸びないのはなぜ?薄毛・抜け毛の原因やエイジングケアの対処法を解説

頭皮が赤い場合には、さまざまな原因が考えられます。ここでは、頭皮の赤みの原因について、詳しく解説します。

血行不良になっている

すでに触れたとおり、頭皮に赤みが生じているときは血行不良が起きている可能性があります。うっ血により、皮膚が赤く見えるからです。頭の上部には筋肉がないため、もともと血流が滞りやすい状態になっています。運動不足や偏った食生活が続くと血行不良が起きやすく、頭皮の赤みが目立つようになります。睡眠不足や過度なストレスなども血行不良の原因のひとつです。

誤ったヘアケアにより炎症を起こしている

ヘアケアに問題がある場合も、頭皮に赤みが生じる原因になります。たとえば、シャンプーをきちんとすすげていないと頭皮への刺激になり、炎症が起きる可能性があります。また、洗浄力が強すぎるシャンプーを使用している場合も炎症の原因になるため、注意が必要です。頭皮の赤みが気になるときは、普段のヘアケアに問題がないか見直してみましょう。

紫外線やアレルギーが影響している

頭皮は紫外線やアレルギーなどの影響も受けます。日差しが強いときは、特につむじや分け目に炎症が起きやすいです。また人によっては、花粉やハウスダストなどにより影響を受けるケースもあります。心身の健康状態が良好でないと免疫も低下しやすく、普段以上に影響が出やすくなります。体調が優れないときは外部からの刺激を受けやすいため、特に注意が必要です。

皮膚疾患にかかっている

頭皮の赤みは、皮膚疾患が原因となっている場合もあります。他の原因が当てはまらないときは、早めに医師の診察を受けて判断してもらいましょう。

頭皮に赤みを生じさせる皮膚疾患について、以下で具体的に解説します。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、頭皮に存在する常在菌が増殖して炎症を引き起こす症状です。特に生え際など、皮脂が多い部分で症状が見られます。頭皮の赤みや湿疹が生じるだけでなく、ベタつきのあるフケが発生する場合もあります。

皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹とは、皮膚が乾燥してうろこ状に剥がれる症状です。皮膚がはがれると同時に、赤みやかゆみが生じます。例えば熱いお風呂に入ったり頭を洗いすぎたりすると、皮脂欠乏性湿疹が生じやすくなります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が生じる病気です。症状の改善と悪化が何度も繰り返され、慢性的に発生します。アトピー性皮膚炎の原因としてはもともとの体質や皮膚機能の低下などがあげられ、人によって症状の重度も異なります。

蕁麻疹

蕁麻疹は、身体の一部や全体の皮膚が赤く盛り上がる症状です。かゆみを伴うところが大きな特徴です。蕁麻疹の原因としては、アレルギーやストレスなどがあげられます。

h4:接触皮膚炎
接触皮膚炎は、アレルゲンとなる物質に触れて赤みが生じる症状です。頭皮では、ヘアワックスやシャンプーなどが体質にあっていない場合に接触皮膚炎が起きる可能性があります。

毛嚢炎

毛嚢炎は、頭皮に存在する常在菌の過度な増殖により炎症が起こる症状です。毛穴の奥にある毛包に炎症が生じています。頭皮に赤い丘疹が見られる場合は、毛嚢炎の疑いがあります。

血管肉腫

血管肉腫は、血管の細胞ががん化した病気です。最初は赤い発疹ができ、それが少しずつ大きく変化して血豆のようになります。自己判断で放置せず、早めに医師の診察を受けて対処する必要があります。

頭皮が赤い場合のケア方法

洗いすぎでおきる頭皮のトラブルとは|洗いすぎを防ぐ洗髪方法、シャンプーの選び方も解説

それでは、頭皮が赤いときはどのようにケアしたらいいのでしょうか。ここでは、具体的なケア方法について解説します。

自分に合ったシャンプーで正しく洗う

シャンプーが原因で頭皮が赤くなっているなら、自分に合うシャンプーを選ぶだけでも正しいケアにつながります。特に刺激や洗浄力が強すぎるシャンプーを使用している場合は、シャンプーの見直しがとても重要です。症状を考慮しながら、刺激の少ないシャンプーや洗浄力が強すぎないシャンプーに変えてみましょう。その上でさらに頭皮を優しく洗うことが大切です。何度も洗いすぎると頭皮に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意しましょう。

ヘアカラー剤やスタイリング剤を見直す

ヘアカラーやスタイリングをしている人は、ヘアカラー剤やスタイリング剤が原因となって頭皮に赤みが生じている可能性もあります。その場合ヘアカラー剤やスタイリング剤の成分に対してのアレルギー反応により赤みが生じているので、ヘアカラー剤やスタイリング剤の使用をやめて様子を見たり、なるべく刺激が弱いものに変えたりしましょう。

頭皮の紫外線対策をする

頭皮は紫外線の影響を受けて赤くなる場合もあります。紫外線の影響を避けるには、頭皮に使用できる日焼け止めスプレーを使用しましょう。日頃から保湿化粧品を使用し、頭皮をケアすることも大切です。また、UVカットの帽子や日傘なども積極的に活用すると、頭皮に対する紫外線の影響を最小限に抑えられます。

頭皮が赤い場合の生活習慣改善

頭皮が赤い場合、生活習慣が原因になっている可能性もあります。ここでは、生活習慣の改善方法について解説します。

バランスの良い食生活を心がける

頭皮の状態を整えるには、バランスの良い食生活が重要です。バランスが偏った食事をとっていると、頭皮の環境が乱れやすくなります。体に必要な栄養素をきちんと摂取すれば、頭皮のターンオーバーを整えることが可能です。良質なたんぱく質とともに、ミネラルやビタミンなどもしっかり補給するようにしましょう。

睡眠環境を整える

頭皮の環境を整えるためには、睡眠も重要です。睡眠不足にならないよう、睡眠時間をしっかり確保しましょう。良質な睡眠をとると心身の疲れが取り除かれるだけでなく、成長ホルモンの分泌も促されます。頭皮のターンオーバーのためには、成長ホルモンが必要不可欠です。寝る前はゆっくり過ごすようにし、スムーズに眠れるようにしましょう。

ストレスを溜めないようにする

心身に過度なストレスがかかると、免疫力の低下や血行不良が起きやすくなります。その結果、頭皮の赤みや抜け毛も発生しやすくなります。ストレスを溜めないよう、リフレッシュするための習慣をもちましょう。自分に合うストレス解消法を見つけられれば、たとえ一時的にストレスを感じても頭皮への影響を抑えられます。

それでも改善しない場合には医療機関へ

ヘアケアの方法や生活習慣を見直しても症状が改善しない場合、症状を放置すると悪化するリスクがあります。その際には早めに医療機関へ相談し、医師の診察を受けましょう。

特に赤みだけでなく、かゆみ、痛み、出血、膿の流出などが発生していたり、しこりや腫瘍があったりするなら、できるだけ早めに皮膚科へ相談しましょう。早期に治療を開始できれば、症状の悪化を抑えてスムーズに改善できる可能性が高くなります。

赤い頭皮、こんな場合はどうする?

頭皮が赤くなっている場合でも、人によって細かい症状は異なります。ここでは、症状別の対応方法を解説します。

頭皮は赤いが痛みはない場合

頭皮を見ると赤みが気になるものの、特に痛みはないというケースもあります。その場合、シャンプーや紫外線による刺激、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因で赤みが生じていると考えられます。まずは自分でできる対策を取り入れ、症状が改善しないか様子を見ましょう。ただし、原因に心当たりがなくて不安であれば、皮膚科に相談するのもひとつの方法です。

頭皮の赤みに加えてブツブツがある場合

頭皮が赤くなっているだけでなく、表面がブツブツしている場合もあります。その場合は、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、脂漏性湿疹などの皮膚疾患である可能性があります。正しく治療するには、医療機関への相談が必要です。皮膚科で診察を受け、具体的にどのような疾患にかかっているのか確認してもらいましょう。そのうえで適切な治療を受けることが大切です。

頭皮にかさぶたがある場合

頭皮に赤みだけでなくかさぶたもできている場合、症状が自然に治まる可能性があります。ただし、症状がひどいと皮膚炎、脱毛症、薄毛につながる恐れもあるため要注意です。特に、なかなか治らない場合やかさぶたが何度も繰り返し発生している場合は、皮膚科に相談するようにしましょう。

まとめ

赤い頭皮の原因はさまざま考えられます。生活習慣やヘアケアの方法に問題がある場合も多いです。また、皮膚疾患が原因となっている可能性もあります。原因にあわせて正しく対処しましょう。

マイナチュレ
は、女性向けのヘアケアブランドです。女性向けの育毛剤は、2021年 通販部門 敏感肌ヘアケア市場で年間売上1位を獲得しました。無添加処方にこだわっており、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用できます。妊娠中でも使用可能です。頭皮を健康に保つために、是非お試しください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら